スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーセン物置のポスターについて

tabake8.jpg
現在のゲームセンターの明るく健康的な雰囲気からは想像出来ないほど、80年代のゲームセンターの薄暗さは際立っていました。
当時主流だったテーブル筐体には「照明の照り返し」という問題があったため、暗くせざるを得ない事情もあったかもしれませんが、当初は一瞬入るのを躊躇するような「壁」すら感じました。

しかし意を決して自動ドアをくぐると、そこは自分の日常からは全く隔絶された神秘の空間でした。

幼かった私の鼻を突き抜けたタバコの匂いと、複数の電子音が渾然一体となった未来的な喧騒。

嗅覚と聴覚に未知の刺激を受けながら店内を見渡すと、暗闇の所々に浮かび上がるブラウン管に、見たことも無い最新ゲーム達が稼働していました。

思い切り誇大な表現をすれば、「漆黒の宇宙空間を彷徨って、随所に浮かぶ新天地の惑星を探して回るようなワクワク感」を感じたものです。

そんな店内で、ゲーム筐体に引けを取らない程のインパクトを放っていたのが、壁一面に張り巡らされたポスター郡でした。
poster.jpg
発売日や複数のキャッチフレーズなどのテキストで賑やかな家庭用ゲームの販促ポスターと比較すると、アーケードゲームのポスターは、タイトルに一文のキャッチフレーズのみというシンプルな構図の物も多く、幼心にもアート性の高さを感じていました。

私の中で当時のゲームセンターは「ゲームをプレイするための場所」であると同時に、アーケードゲームのポスターというアートを鑑賞できる「ギャラリー」でもありました。

そのためゲーセン物置を考案した際、筐体を置くことと同じ位に重要視したのが、「ポスターの展示」という側面でした。
設計段階からポスターを吊るすためのピクチャーレールと、演出用の調光付きプラグライト+ダクトレールの導入を決めました。
実際、当時の店内の暗さを再現するのは加減が難しく、暗すぎるとポスターは殆んど見えなくなってしまいます。
ポスター専用の調光照明を用意したことで、暗闇にぼんやりポスターが浮かび上がるような当時の雰囲気を再現することが出来ました。
afer.jpg

art.jpg

このダクトレール付きプラグライトは位置や向きを自由に設定できるため非常に便利で、ポスター以外にも、ウォールアートや筐体のサイドアートをスポットで照らして演出したりと大変重宝しています。
スポンサーサイト
ゲーセン物置の「休憩スペース」について | Home | ゲーセン物置の照明について

コメント

No title

こういうポスターって私も欲しいなと思ってますが、どこで入手されました?
やっぱりヤフオクとかなんでしょうか?

それと出来ればブログの相互リンクお願いします。
こちらは勝手ながら先に貼らせて頂きました。

2015/01/29 (Thu) 22:06 | Pin #rrf3mLO. | URL | 編集
Re: No title

ブログリンクさせて頂きました。
今後とも宜しくお願いします。
ポスターは80年代から集めていたので入手経路は様々ですが、現在ではヤフオクが一番お手軽かと思います。

2015/01/29 (Thu) 22:32 | SHL766 #- | URL | 編集
No title

はじめまして
勝手にリンクさせて頂きました
一度に全ての機械を動かしたらかなりの電力だと思います
ブレーカーは20Aだと思いますが
何本付けられてるのでしょうか?

2015/01/30 (Fri) 02:16 | #- | URL | 編集
No title

コレマジっすか!!?
すげーっす!リンクはらせて頂きます。

憧れますわーw

2015/01/30 (Fri) 12:10 | よすが #- | URL | 編集
Re: No title

ありがとうございます。
これからも楽しんで頂ける記事を書けるよう頑張ります♪
宜しくお願いします。

2015/01/31 (Sat) 01:55 | SHL766 #- | URL | 編集
Re: No title

リンク有難うございます。
ブレーカーは30Aですが、撮影時以外は基本的に遊ぶ台しか起動させませんので、特に不具合は無いです。
ワットアワーメーターを導入しましたので、いずれ報告動画を作ってみたいと思っています。

2015/01/31 (Sat) 19:01 | SHL766 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。