スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーセン物置の「休憩スペース」について


「休憩所」「コミュニケーションノートスペース」など呼ばれ方は様々だと思います。

ゲームセンターの中にあって「ゲームをすることが目的ではない」エリアです。
たいてい自販機が傍にあり、ゲーム雑誌やコミュニケーションノートなども設置されていました。


それをわざわざ自宅のゲーセン物置に再現する意味があるのか。


当時、数多くの貴重な出会いに恵まれたゲーセン内のこの場所は、私にとっては単なる休憩所の域を超えた思い出深い存在であり、たとえ筐体の数を減らしてでも、どうしても確保したいスペースでした。


実際のゲーセン経営においては、収益を上げるために一台でも稼働筐体を増やしたい所をこのような非稼働エリアを確保するか否かは非常に悩ましい問題だったのではないかと思います。

80年代のゲーセンではあまり見かけませんでしたが、90年代から通い始めた2件のゲームセンターには両方ともこのようなスペースが存在していました。

それはゲームセンターという場所に、「仲間との新たな出会いを生む交流の場」としての可能性や価値が見出され始めた時期だったのかもしれません。


90年代初頭。

進学を境にゲーム仲間の同級生たちと離れ離れとなり、見知らぬ土地で一人暮らしを始めた私は、夜な夜な近所のゲームセンターに赴き、一人黙々とゲームをする日々を送っていました。

その当時、私が夢中になっていたシューティングゲームで、どうしても突破できない難所がありました。
当時は現在のようにインターネットが普及しておらず、身近に同じゲームを遊んでいる仲間もおらず、行き詰まりを感じていました。


そんなある日、私は店の片隅に置かれた「コミュニケーションノート」の存在に気付きました。
開いてみると、そこにはゲーム攻略法の情報交換や、プロ級のイラストなど、常連たちの思いの丈が綴られていました。

暫し悩んだ末、私はそこに行き詰っている場所の質問を書いてみました。
末尾には、数秒で考えた生まれて初めてのペンネームを記しました。


数日後。
期待と不安を胸にノートを開いてみると、一名の方から私の質問への返答が記されていました。

これが私にとって初めての、ゲームセンターという場所で生まれた交流でした。
かつてのゲーム仲間達と離れ離れとなり空白の日々を送っていた私にとって、この瞬間に感じた心の潤いは忘れる事が出来ません。


その後、ノート上での数回のやり取りを経て、ついにその方との対面を果たすことが出来ました。

前述の通り、インターネットも携帯電話も普及していなかった時代です。
待ち合わせも、ノート上に書かれた「明日○時ごろ、○○というゲームをプレイしています。ネームエントリーに○○と入れます。宜しくおねがいします。」といった情報のみで行われ、今思えば確実性に欠けまくるものでした。

それ故無事に出会えた時は、ロールプレイングゲームですれ違いの末にようやく捜し求めた仲間に出会えたときのような、得もいえぬ感動がありました。

ノートを書きながら募らせてきた想いを語り合いながら、一緒にラーメンを食べました。
私にとってゲームセンターが、単なるゲームを遊ぶための場所以上の意味を持つようになった、忘れられない日でした。


あの日から20年。

彼は今でも私の良き理解者であり、掛け替えの無い存在です。
先日この場所で、当時のノートの写しを見ながら思い出話に花を咲かせる事が出来ました。

仲間との出会いは、私にとってゲームセンターが与えてくれた最高のプレゼントです。
DCF00013.jpg
スポンサーサイト
ゲーセン物置の「備品」について | Home | ゲーセン物置のポスターについて

コメント

はじめまして。
ブログ最初から読ませていただきました。
すごく素敵なブログですね。
まさに同世代じゃないかと思うピンポイントさです(笑)

すごくよくわかります。
あのスペースが良いんですよね。
学生時代にASOⅡを試行錯誤しながら、2週ノーミスクリアしたのを思い出しました。
あー、ゲームやりたくなってきた(笑)

2015/02/01 (Sun) 15:41 | カフェマスター #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>カフェマスターさま
はじめまして
暖かい御言葉、とても励みになりました。
私の個人的な思い出話に共感して頂けた事、そしてもう一度ゲームをやりたい気持ちになって頂けたことが、とても嬉しかったです。
ネットが普及した今でも、ゲーセンにはゲーセンでしか味わえない感動が存在すると今でも私は思っています。
これからもゲーセンの魅力を発信していきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

2015/02/02 (Mon) 00:11 | SHL766 #- | URL | 編集
No title

初めまして
ツイィートに流れてくる度に覗かせてもらってますw

少し後にナルト店員からの返信みたいなのもあってコッチの意見が多少なりとも店のゲームラインナップに影響が出始めるみたいな得も言われぬ感じがありましたよね、単なるゲームをするダケの場所ではないって言う所はぐっとくるものがありますね w

2015/02/03 (Tue) 00:15 | 超合金 #- | URL | 編集
Re: No title

コメントありがとうございます。
ゲームセンターには、単に「ゲームが出来る場所」であること以上の魅力や可能性があると思います。
私なりに30年間感じてきたゲームセンターの魅力を、これからも発信していきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

2015/02/03 (Tue) 23:36 | SHL766 #- | URL | 編集
80年代後半から90年代前半

この時代のゲームセンターの雰囲気ってたまらなく好きです。
ブログの内容とその情熱に感動しました。

リブルラブルやグラディウスのBGMが作り出す喧騒は子供心にトキメキを与えてくれましたよね。

コナミやナムコの直営店に憧れた中学生時代が懐かしいです。

2015/03/01 (Sun) 18:26 | なお #GCA3nAmE | URL | 編集
No title

>>なおさん
コメントありがとうございます。
私も同じ想いでございます。
リブルラブルやグラディウスの透明感あるサウンドを聞くと、当時の興奮が呼び起こされます。

今は失われつつあるあの頃のゲームセンターの雰囲気を、記憶が定かな内に形にしておきたいと考えました。
今後とも宜しくお願いします。

2015/04/01 (Wed) 10:42 | SHL #EeJKzw76 | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。